2019年03月22日

第5回住民講座 開催   参加型で元気に ☆ WRAPを体験



第5回住民講座「体験しよう〜元気に役立つプログラム〜」が3月1日に開催されました。

これまでは講義やシンポジウム形式が多かった住民講座ですが、今年度は参加型に初挑戦。

病気や障害はもちろん、施設の取組みを身近に感じてもらえたらという思いから、
WRAP(ラップ:元気回復行動プラン)をテーマに取り上げました。

講師は、地域活動支援センターふらっと篠田所長と利用者2名です。

前半は、障害についての説明や体験談、

DSC00653.JPG

DSC00667.JPG



後半はWRAPの体験ワークを行いました。

DSC00687.JPG

DSC00691.JPG

DSC00694.JPG




当日は、住民やボランティアグループメンバー、当事者・家族、支援者28名の他、
主催である7町の職員もワークに参加しました。

終了後には「病気の説明がわかりやすかった」「貴重な当事者の話が聞けて良かった」
「共感できる秘訣がたくさんあって楽しかった」「自分を見つめなおす機会になった」
との声がありました。

この事業(理解促進研修・啓発事業)は西和7町が主催で、ぽると・ベルが委託を受け企画・運営を行っています。






posted by 生活支援センター ぽると・ベル at 15:11| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする